事業内容事業内容

熱処理メニュー

金属熱処理加工
ショット・検査など

金属熱処理加工

光輝焼準・焼鈍

設備台数 2機
炉内寸法 高さ150×幅700mm
メッシュベルト寸法 全長22,500mm
特徴 還元性の保護雰囲気中で処理することにより、酸化スケールの出ない焼準・焼鈍を実現。冷間鍛造品の浸炭後の結晶粒粗大化防止を提供できます。

  • 手で並べ、手で取ることで、キズ・打痕を確実に防止
  • DXリッチ雰囲気の中で処理するため、酸化スケール無し
  • 600℃~950℃まで、指定の温度域で処理可能
  • 冷間鍛造品に施すことで浸炭後の結晶粒の粗大化を防止
  • 磁気焼鈍・磁気取りができます

浸炭熱処理 浸炭焼入/浸炭窒化/光輝焼入

設備台数
  • 浸炭焼入れ炉 2機
  • 焼戻し炉 2機
炉内寸法 max.幅600×高さ550×奥行1200mm
特徴 最適な硬度カーブを追求し、理想の浸炭焼入れを実現します。後工程のショットピーニングによる最大硬さを実現する浸炭技術があります。アンモニアの添加により、浸炭と窒化を同時に行う浸炭窒化焼入れはSS400、SPCC等のなま材にも硬化層が得られ、耐摩耗性に優れています。

  • レース用ギヤの浸炭焼入れ(浸炭+精密ショットピーニングで高い疲労強度を有する製品)を提供
  • 要望通りの浸炭カーブを実現(全硬化層深さT0.05~3.0)
  • 焼入れ後の磁粉探傷検査対応可能
  • 浸炭防止のマスキング対応可能
  • シャフトや薄肉形状品の歪修整・プレステンパー対応可能
  • 調質は、キズ、打痕など無き様にバッチ型炉での処理となります。大量に安くという引き合いの場合は、社内の価格と同業者での最安値を探して紹介します

真空熱処理

設備台数 3機 IHI製真空熱処理炉
炉内寸法 max.1000×1000×1400mm
特徴
  • AMS2750*に準拠した真空熱処理炉を導入!
  • 炉内寸法もカタログ外の1400mm長さ対応可能!
  • 熱処理炉クラス:2
  • 計装タイプ:A
  • アルゴンガス冷却対応
  • *AMS2750(米国航空宇宙材料仕様書)の規格は、熱処理に関する業界特有のスペックを定義しており、熱処理に関して航空宇宙産業のスタンダードになっています。要求される品質水準を満たす部品を量産時でも製造するためには、規格遵守が必須です。
材質
  • インコネル625/718/825
  • ステンレス304/316/321/347

高周波焼入

特徴
  • 創業から30年間対応していた知識をもとに、業界で最もQCDの優れた高周波焼入加工メーカーより、加工単位毎に選定しています。全国有力の同業者と協力して安く、早く、適正に処理致します。

ガス軟窒化

設備台数 1機
炉内寸法 高さ550×幅600×長さ1200mm
特徴 アンモニアガスベースの雰囲気炉で加熱し窒化層を形成。窒化センサーの導入で、一段ときめ細かな制御による高精度の軟窒化処理を可能にしています。

  • 金型・精密部品のために、寸法変化の少ない熱処理条件を毎日実施。夕方持込、翌朝引渡しが可能*
  • 1gの小物部品~金型まで対応可能
  • 窒化センサーでNH3流量をコントロール
  • *熱処理条件はお問い合わせください

アルミ熱処理

設備台数 14機(溶体化炉5機)
炉内寸法 max.幅1700×高さ1400×奥行2700mm
特徴 アルミ熱処理炉14機を設備し、T6溶体化・時効硬化・鈍しなどあらゆるニーズに、最適な品質・納期・コストで対応。職人10名による中間修整、寸法検査・仕上げにも対応します。溶体化の風冷・ミスト冷却も可能。歪の低減・試作品へのニーズにもお応えします。

  • AC2B・4B、AC4C、7N01・ADC12の3条件を毎日実施する国内屈指のアルミ熱処理
  • 各熱処理条件において夕方持込、翌朝引渡しが可能
  • 中間歪修整では16,000ヶ/月の実績。12名の職人が対応しています
  • 溶体化後15秒以内水没可能
  • 風冷ミスト冷却に対応可能
  • 物温測定も短納期で対応可能
  • アルミ溶体化風冷は300m3/min×2倍の風力で水を使用せず、冷却を行います
  • アルミ溶体化ミスト冷却は、アルミ合金の溶体化を水のミスト冷却でも対応しています
  • アルミ砂焼きはアルミ中子の砂焼きをしています。ご相談ください

研究開発に伴うテスト

特徴
  • 硬さのみならず、お客様の求める特性を熱処理炉を用いてテストします

ショット・検査など

エプロンショットブラスト

設備台数 1機
炉内寸法 w900mm
特徴 エプロン式で製品が回転しながら、ショットブラスト処理をしますので、ショットかかりが良く、多くの製品に処理が出来ます。

テーブルショット

設備台数 2機
炉内寸法 Φ1200mm
特徴 ターンテーブル上に製品をセットしてショットをかけます。キズ・打痕の心配もなく、ターンテーブルが前後スライドをしますのでショットかかりも問題ありません。

バレル研磨(乾式)

設備台数 1機
炉内寸法 Φ450mm
特徴 回転するメディアの中で、製品表面の汚れなどを取ります。メディアを製品に打ちつけないので、残留圧縮応力も少ないのも特徴です。

WPC

特徴
  • WPCにおいて当地域で技術力が高いと評価がされている専業メーカーを紹介しています

品質保証・精密検査

特徴
  • 18:00までに持ち込まれた検査品は、翌朝9:00までに組織判定可能
  • 24時間体制で品質保証・精密検査を実施
  • 海外調達材料等の検査のみの依頼にも対応可能
設備
  • ロックウェル硬さ試験機×4機
  • ビッカース硬さ試験機×3機
  • ブリネル硬さ試験機
  • ショア硬さ試験機
  • ピッコロ硬さ試験機(スイス製)
  • マイクロスコープ(5000倍)
  • レーザー顕微鏡(16000倍)
  • 面粗度測定
  • 磁粉探傷装置
  • 偏心測定機
  • ファーネストラッカー(データパック社製)
  • 残留応力・残留オーステナイト測定装置

▲メニュー

Page topPage top